2012年11月08日

119Mac Vol.21後編『QuickTime 7 Proで5分で出来る簡単動画編集!』



iPhone のかたはこちらからダウンロードできます

iTunes登録はこちらから


QuickTime 7 Proで5分で出来る簡単動画編集!


test5 from hideki223 on Vimeo.



期間限定ムービー

ペガサスの夜
これが、Charlotteが感動したムービー

パスワード:119Mac



覚えるメニューは4つだけ(基本的なメニューは省きますよ、新規とか、開くとか、保存とか)
・ムービーに追加
・選択範囲に追加して調整
・選択範囲にトリム
・ムービーのプロパティを表示

覚える単語は2つだけ
・イン/アウト選択マーカー
・再生ヘッド



・ムービーに追加(編集)
再生ヘッドの位置からムービやサウンドを追加する。
同じメディアの場合は「挿入」になります。
別のメディアの場合は「トラックの追加」になります。

・選択範囲に追加して調整(編集)
別のメディアを使いする際、イン/アウト選択マーカーで指定した範囲に収まる様にして、追加される。

例) ムービートラック40秒間の選択範囲

・ここに20秒の音声を「選択範囲に追加して調整」で追加

・音声が40秒に調整されて追加される為、再生スピードは半分になる

・また、80秒の音声を「選択範囲に追加して調整」で追加した場合は音声の再生スピードは2倍になります。

・これを使う場合は。音声トラックを基本にして追加した方がいい

ここ大事なので、ちゃんと覚えるように



・選択範囲にトリム(編集)
イン/アウト選択マーカーで選択した範囲でトリムします。

・ムービーのプロパティを表示(ウィンドウ)
トラックの情報が表示されます。
選択したトラックをオンオフが出来ます。
選択したトラックを削除、取り出しが出来ます。





例として、ムービーにBGMとコメントを付ける方法を紹介していきます。
(広島弁のアレとか、ジェットダイスケのアレっぽい感じ)


まずは、下準備
・ムービトラック
・BGMトラック
・音声トラック

素材の準備で使用するメニューはこちら
・ムービーのプロパティを表示(ウィンドウ)
・選択範囲にトリム(編集)


1)「ムービーのプロパティを表示」でプロパティを表示して、使いたいサウンドトラックを取り出します。

2)取り出したサウンドトラックから、必要な部分だけをイン/アウト選択マーカーで指定して、コピーします。(ここでは、ざっくり多め選んでもらって大丈夫です)

3)新規Playerを選んで、新規Playerを開き、そこにコピー

4)コピーしたサウンドを、ここでトリミングしていきます。イン/アウト選択マーカーで指定して、「選択範囲にトリム」で必要な部分だけを選んでいきます。

5)トリミングが終わったら、保存します。

この作業で必要なムービー素材も準備します。



素材をまとめて一本の動画にしあげます

編集で使用するメニューはこちら
・ムービーに追加(編集)
・選択範囲に追加して調整(編集)

1)新規Playerを選んで、新規Playerを開きます。すべて、ここの新規Player上で作業していきます。

2)BGM素材を「すべてを選択」>「コピー」します。

3)新規Playerにペーストします

4)ムービー素材を「すべてを選択」>「コピー」します。

5)ムービー素材を挿入したい位置に再生ヘッドを移動します(ほとんどの場合一番最初だと思います。)

6)「選択範囲に追加して調整」からムービトラックを追加します

7)これで、ムービーにBGMが付きました。

8)コメント音声を追加していきます。

9)コメント素材を「すべてを選択」>「コピー」します。

10)コメント素材を挿入したい位置に再生ヘッドを移動します。

11)「ムービに追加」でコメント音声トラックを追加します。

12)保存します

13)これで完成です!

オマケ)気分で、テキストトラックで飾ってみても良いかもしれません。
動画のサイズで作ってPNGで保存
QTで開いて、⌘Aで⌘C
テキストをつけたい動画で⌘Aで選択範囲に追加して調整
これで、テキストでデコレートできます


公式Twitterアカウントが出来ました。
@119Mac


公式メールアドレスが出来ました。
みなさんからの、「お便り」お待ちしております。
お便りきたら、テンション上がるし〜!
119mac.info@gmail.com



Music by :
hideki223 /JINGLES
Free/BGM

All rights reserved 119Mac
( except music )
posted by 119Mac at 21:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

119Mac Vol.21前編『QuickTime Player活用術・ヒクテンタスナナ』




iPhone のかたはこちらからダウンロードできます

iTunes登録はこちらから


QuickTime Player活用術・ヒクテンタスナナ

Xと7Proの編集機能の差、特徴

Xは、基本引きの文化
分割とトリミングをそて、動画を編集していく
トラックを言う考え方は存在しない。
一本の動画を切り切り
分割したところで、クリップ化される。そのクリップをトリミング、分割が可能


7Proは足す文化
トリミングやカットは可能だが、基本的に分割は出来ない。
分割できないので、選択範囲をコピーして、それを新規書類などにペーストしていく。
コピペはトラックとして追加が出来る。
また、ペーストするときに、「選択範囲に追加して調整」を選ぶと間軸を調整してトラックを追加してくれる。「ムービーに追加」を選ぶと、そのまま追加される。(違うメディアの場合はトラックとして追加される。同じメディアの場合は「挿入」される)

トラックと言う考え方が存在する。
ムービートラック、サウンドトラックなど、トラックとして追加が出来る。
また、トラックごと取り出し可能。

タイムライン上は、ムービートラックもサウンドトラックも1トラックづつ。
実はテキストトラック足す事が出来る。







QuickTime 7 Pro(¥3,400)
・トラックとして編集、追加削除が出来る
・音楽トラックを簡単に付けられる
・ムービートラックも簡単に付けられる
・トラックのトリミング、追加が簡単
・回転も出来る
・大きさもいじれる
・音もいじれる
・LRの入れ替えも出来る
・iPhoneで撮った動画にBGMを簡単に付けられる
・繰り返しの再生が出来る
・範囲を指定しての再生が出来る
・再生スピードもかえられる
・カメラから直で録画できる
・多彩なフォーマットで書き出しが出来る
AIFF WAVE H264 フォトJPEG アニメーション DVなどなど
Apple Pro Res Apple Intermediate Codec
・トラックをレイヤーとして、順番もつけれる


QuickTime X
・スクリーンキャプチャーが出来る。
・しかも、範囲を指定しての録画が出来る
・共有機能の充実
・編集は、分割とトリミング
・回転も出来る
・オーディオトラックを表示から、波形が見れる(見れるだけ)
・MPEG2の再生が可能


公式Twitterアカウントが出来ました。
@119Mac


公式メールアドレスが出来ました。
みなさんからの、「お便り」お待ちしております。
お便りきたら、テンション上がるし〜!
119mac.info@gmail.com



Music by :
hideki223 /JINGLES
Free/BGM

All rights reserved 119Mac
( except music )
posted by 119Mac at 03:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする